HOME>注目記事>ちょっとした工夫で色々なシーンに対応出来ます
オイル

使い方が沢山あって便利です

昔から夏の暑い時期等の虫よけとして用いられてきたハッカ油ですが、今このハッカ油が再注目されているようです。天然のメントール成分として安心・安全に利用出来るという事が評価され、今の再注目に至っているようです。そんなハッカ油は様々なシーンで利用され、その実力を発揮しています。まずは、辛い鼻づまりの症状の改善です。冬場の風邪気味の際はもちろん、鼻炎を持つ人の息苦しさ等の症状の改善のため、ガーゼ等にハッカ油をしみ込ませて利用します。また、仕事で人と接する機会が多い人のマウスウォッシュとして利用されるケースも多いようです。コップに一滴落としてうがいするだけで、ニオイやべたつきが解消出来ます。さらに、スプレーになる小瓶等に重曹等と混ぜて入れておけば、靴等のニオイがこもりやすい箇所のニオイにも効果的です。両方とも自然の素材という事で、合成皮革等に利用しても安心というメリットもあります。

どのようにして活用すると良いのか

色々な場面で活躍が出来るハッカ油ですが、それらの活用をするためにはどういう製法で作れば良いのでしょうか。マウスウォッシュで直接口に含んだり、体の症状を改善したい時に直接利用する時には、十分薄めて利用しましょう。ハッカ油をそのまま利用すると、ハッカの香りが強烈なため、周りへニオイが充満してしまう可能性があります。次に、気になる箇所に噴射して利用したい時に便利な、ハッカ油スプレーの作り方です。物に噴射して使いたい時には、ハッカ油に無水エタノールを混ぜて作成しましょう。ハッカ油の爽快感と、無水エタノールの持つ除菌効果が気になるニオイとニオイの元になる菌を元から断つという仕組みが合わさって、高い効果が期待出来ます。体に浴びて爽快感を得たい時等、人体に利用する場合には精製水を混ぜて使いましょう。精製水で刺激をマイルドにして、肌荒れ等の人体に影響が出ないようにするためです。

広告募集中